女戦士DZのFXQUEST

― FX リアル奮闘記 ―

これから先

f:id:daisy_Lv99:20160603151123j:plain

 

 

「そろそろ本気でトレードする会」で アドバイスをうけ

 

『 紙に書く 』という忘れていた大事な行為を思い出した私は

その日 帰宅後すぐその作業に取りかかった。

 

だが、なかなかペンが走らず まるで駄々をこねる子供のように抵抗して

集中力を散漫させる何かを探している自分がいることを感知した。

 

 

そういうところから ひとつひとつ丁寧に

カウンセリングしてやるように自分の話を聞いてやると

面白い体験をすることが出来た。

 

 

 

 

長くなりそうなので先に結論を言うと

 

ロジックツリーやフレームワークで導き出した答えに

ここ最近味わえなかった ストン と腑に落ちる ” 感覚 ”

そう、あの感覚 を体験することが出来た。

その答えにはまるで素直でお利口さんの子供のように

「ハイ!(*´ω`*)ノ」と良いお返事をする自分がいた。

心底納得をしたのだろう

 

頭の中を整理するということが、これほどまでに重要であることを

再度確認することが出来て面白かった。

 

 

 

 

そしてその答えの導きのプロセスをここに全て書くと

読者の方は辟易されることだろうから

 

かなり圧縮して書くと

超スキャのスタイルへの不安と不満の書き出し→その理由

理由のさらなる掘り下げ→掘り下げ→掘り下げ

(仮)の解決法の提案→検討→可能かどうかの判断→吟味

 

というような流れで

負けパターンに陥ることについてや

モヤモヤしていることすべてについて同じく紙に書き出していき

 

結局、超スキャと15分足トレードを口座を分けて実行する

 

というスタイルに辿り着いた。

 

そして、

 

 

「ルールを守る」のではなく

「ルールで自分を守る」という考え方を採用することにした。

 

 

これは、コツコツドカーンを想定したルール

ドカーン禁止法ではなく

ドカーンが前提のルール

 

そしてドカーンを回避(逃げる・避ける)するのではなく

防ぐ(抑える・食い止める)という考え方

 

を編み出した。

 

このルールは もう少しだけ詰めたい箇所があり

週末にもう少し考え、完成したら昨日LOFTで買った大きな模造紙に書いて

壁にデッカく貼ってやろうと思っている。

 

 

 

そして もうひとつ

ここに Recordしておきたいことがある。

 

 

「そろそろ本気でトレードする会」で知り合ったトレード仲間の方と

色々お話をしている時に、ふと妙案が浮かんだ。

 

そして、すぐさまそれを言葉にして伝えた。

 

 

「 今月、私と勝負しませんか? 」

 

 

私はなにか、きっかけがほしかった。

そしてその方にとっても私はそうなれると思った。(というか、そうなりたい)

お互いにメリットがあると思った。

 

 

 

その方は突然の提案だったので少し驚いていたが(無鉄砲ですいません<(_ _)>)

勝負に乗ってくれた。

 

 

 

そして憧れの人の提案でその勝負はデモトレードで行うことになった。

 

大切なことは勝負の勝ち負けにとらわれるのではなく

あくまでも 今の自分と真剣に向き合い 変われる・成長できるかどうか?

 

 

そして来月もまた会合を開くことになった。

 

「来月の会合でまた同じ内容(悩み)を話すことだけは絶対にやめましょうね!」

 

と約束をして。

 

 

 

 

 

本当に感謝しています<(_ _)>

 

こんなに恵まれた環境でトレードができること。

リアルにお会いしている方々、SNSで絡んでくれる方々

全ての出会いに感謝です。

 

本当にありがとうございますf:id:daisy_Lv99:20150309003235g:plain

 

 

 

ここで私は変われなければ・成長できなければ今後いつ出来るの?

というくらいの星が回ってきたと思っている。

このチャンスを必ずモノにしてやる。

 

 

私は超スキャがメインスタイルなので

本チャンもやりながら同時にというわけにはいかない

(できなくはないが難易度が上がってしまう)

だから無理はせず この勝負(=自分との戦い)のほうに賭けたい。

 

 

よって、今月はデモトレードに注力する

 

別に 焦って強引に現金かける必要性はないからこれでいい。

 

 

 

さて、どうなるか?

 

私のぼうけんは まだまだ ここからだ!!

 

 

以上。

 

「これから先」

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました<(_ _)>