読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女戦士DZのFXQUEST

― FX リアル奮闘記 ―

6月のまとめ -prologue-

月のまとめ

f:id:daisy_Lv99:20150630195101j:plain

2015年6月

今年の資産がトータルでようやくプラスに転じた。

今月のみのパフォーマンスでは資産のプラス106.5%だった。

 

結果だけでは 私の頭の中のイメージをほぼ実現できたと思っている。

 

 

それまでずっと紙に手書きで記録していたトレードデータを

5月から Excelで管理するようにした。

Excelについては今はまだ一番最低限の簡単なことしかできないが

先月 初めて資産曲線のグラフを見たそれ以来、

自分の利益がアップトレンドを形成しながら増えていく様を

容易にイメージできるようになった気がする。

 

今回はそのイメージを素直に実現するように心がけた。

 

 

6月の資産曲線はこれだ ↓

f:id:daisy_Lv99:20150630234147j:plain

 

(このグラフに日付は入れていないのだが)

注視するべきは まず序盤の6月4日(木)

この日は弁解の余地のないほど痛快にドカンと負けてしまった。

普段あまりやることのない指値を置いており

それが串刺しになったことに端を発し それから何か狂ったように

逆張りを失敗し続けてしまい

いつもならそこで トレードを止めるのにやり続けてしまったことが原因だ。

 

その後、次の日からキリリと気持ちを切り替え

なんとか持ち直してトントンと上がっていけたのだが 

 

23日(火)

この日はフェイバー状態から「もっと」と欲が出て利確が遅れてしまい

結局その玉は高値掴みになってしまった。

だが、戻ってくる自信はあったのでそのまましばらくホールドしてしまう。

その玉自体はなんとかラッキーでプラスで逃げられたものの 

これは ルール違反のトレードであり

その後メンタルの調子が一時狂い マーケットと噛み合わず

損失が膨らんでいったが ラッキーが続き

結局1日のトータルはプラスで終わらすことができた。

 

 

23日については ある悩みの種について考えており

正直、トレードに集中できていなかった。

 

問題は 集中できていない認識・自覚があったにも関わらず

「トレードしない」という選択をとれなかったことにある。

 

 

私には 毎日トレードをしても安定的に利益を出せる力はないので

自身に何か異変を感じたり マーケットに違和感のようなものを感じる限り

極力触れないようにして そういうものが何もない

やりやすいときだけをトレードすることに徹しないといけない。

 

危ない橋は渡らない。 それが私のスタイルだ。

 

又もしくは、マーケットの地合いが良いのに

自身の問題でトレードに臨めないのならば

別のことをして集中力を高め 一旦 心をリセットする。

リセットがきちんと出来たらトレードする資格が与えられると考えている。

 

 

23日はそれがいずれも出来なかった。

結果的にはプラスで終われてるが ここはよく反省しないといけない。

 

 

内なる声に もっと耳を澄ませば

自分が本当は何をすべきかが聞こえてくる。

 

 

私の場合 精神を集中させるために

上質なクラッシクの名曲をヘッドフォン大音量で聴きながら

好きなアロマの香りをかぎ

好きな哲学の本を読むことにしている。

このとき心がけるのは文字を追うのではなく 作者と会話をすることだ。

 

↑こんなことを書くと衒学的で さも気取ったように感じられるかもしれないが

実際そうして 自分は今 ものすごくハイソなことをしているんだぞぉ~

と 普段の自分とは少し違ったことをするという行為そのものが

高尚で崇高な精神を呼び起こす鍵となるのだと思ってやっている。

つまりそれはいつもの自分ではないということだw

 

そしてしばらくその現実を超越した世界に身を置いていると

やがて血が逆流してくるような感覚になり心が一気に高揚し

冴えわたるような感覚と共に 脳が正しい方向へと覚醒していく。

 

これで デトックスの完了だ。

あとは 自分の声にただただ従うだけ。そういうクリアな状態では

ときにマーケットと同化できる感覚さえ味わうことができるはずだ。

 

 

と、そこまで分かっていて それが守れない私はまだ未熟ものだ・・・

 

6月は計13日トレードをしたが、うち2日は自分を見失っていた。

その日は見事にドローダウンが膨らんでいる。

 


だが、来月はロットをあげてみようと思う。

 


いよいよ船出だ。


小さな問題は依然として自分の中に残っている。
しかし、私はそのノイズも共に連れて行くつもりだ。

なぜなら それを含めて 私 なのだから


ただし、そのノイズはいずれ自然に収斂されていくことだろう。
自身が それ  を理解している限り 障害にはならない。

 

 

 

 

さあ、来月はどうなるかな?

すべてを楽しみながら ぼうけんを続けようと思う。

まだまだ ここからだ~っ٩( 'ω' )و ガンバルぞf:id:daisy_Lv99:20150309003235g:plain

 

 

 

・・・しかし 深夜のテンションとは恐いものだ

 

 

以上。

 

「6月のまとめ」

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました<(_ _)>