読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女戦士DZのFXQUEST

― FX リアル奮闘記 ―

3月のまとめ

f:id:daisy_Lv99:20150306193542j:plain

 

 

2015年 3月のまとめ

 

まずこの記事を書くに当たって

以下は100%偽りのない真実を述べることを宣誓する。

 

ブログ上で嘘八百を並べることほど、簡単で 愚かなことはない。

 

ここで虚勢や虚飾を張っても 私にとって何のメリットにもならないばかりか

それはつまり自身が事実を受け入れていないことの何よりの証明となってしまうだろう。

 

だから私は、事実を受容し克服した証として この記事を正直に書く。

 

 

 

 

 

3月は、結局、口座資金のマイナス2.6%で終わった。

 

 

しかも、また最後の最後の日に そうなったのだ。

 

 

あれほど、今までの記事にコツコツドカーンが命取りと言いながら

結局は、そのループ地獄のままだった。

 

 

ただし、その結果には 微妙な違いが生じている。

単純に同じことを繰り返したわけではないと自分では認識している。

 

それは数字上でも、ごくわずかに表れているが

私のいうデータは今年に入っての1~3月分という

データとしての量が少ないので、誤差の範囲かも知れず

数字だけで判断するには 尚早感が否めない。

 

だからといって、そのデータを軽視するわけではないが

もっと重視するべきがもの、そこから得たものある。

 

 

 

それは、「壁」に気付いたことだ。

 

 

私のブログはどうも抽象的なものが中心になってしまうが

私はトレードや相場を心理学的な分析視点で捉えている構成が大半を占めるので

いたしかたないことだと思っていただきたい<(_ _)>

 

伝わりにくいかもしれないが、努めて伝えようと試みることで

自分の頭も よりクリアにしたいと思う。

 

 

 

 

私が今感じている「壁」とは

 

 

チャンスをモノにするということ

勝負時を より見極めるということ

 

である。

 

 

2014年1月にFXを始めて以来

紆余曲折を経ながら、なんとか今のスタイルに辿り着いた。

 

私は、基本 トレードで勝負はしない。

 

この記事

で書いた通り

小さく小さく振る舞うことでマーケットで生き残るという選択をした。

 

 

それ自体はブレていない。

これからもその姿勢は崩さないつもりだし

よりブラッシュアップしていこうと思っている。

 

 

だが、最近私の心の中から 沸々と

湧き上がる思いがあるのだ。

 

それは「チャレンジをしろ」または「チャレンジをしたい」

という思いだ。

 

 

 

 

「守り」は大切だ。

おそらくトレーダーとして最重要ポイントであろう。

だが 守っているだけでは それ以上に先には行けない。

 

 

私は学生時代ソフトボールのピッチャーをしていたのだが

試合では、相手の点を抑えることが必須だった。

 

だが仮にノーヒットノーランを達成したとしても

自分のチームが1点も取れなければ 試合には勝てないのだ。

 

だから「守り」ながらも、チャンスでは「攻め」なくてはならない。

 

 

たぶん、私が本物の勝てるトレーダーになるには

まだまだかかる。

 

今「攻め」に行くことは 諸刃の剣かもしれない。

 

まだまだ知らないこと、知らなくちゃいけないことがたくさんある。

こんな短期間で勝てるほど甘くない世界というのは覚悟している。

決してFXをナメているわけではないし、自惚れているわけではない。

 

 

 

 

3月31日(火)は

年度末であり、四半期末であり、月末であり、

週末は雇用統計があり、欧米がイースター休暇であり

イレギュラーな動きをしたり「難しくなりそうだな」という認識はあった。

そんな日だろうがお構いなしに勝てる人は別として

少なくとも今の私にとっては、避けるべき相場だった。

 

 

だから、 いつも通り逃げてしまえば(トレードしなければ)

3月の収支は真逆の結果で終われたのだ。

 

そう。ただ やらなければいいだけのことだった。

 

 

 

だが、私は 敢えてやったのだ。

 

これは、結果がこうなっている限り 言い訳にしか聞こえないだろうし

読んでる方にどう捉えられても構わない。

 

 

だが、私は 月のトータルがプラスで終われることよりも

敢えて、「チャレンジ」をしたかったのだ。

それは別に 難しい日からも勝てるようになりたい という

チャレンジ精神ではない

 

 

なんだか、ややこしくなってきたがw

 

要は、私は

 

今は

 

どんどんチャレンジして

失敗して

様々な経験を積むことが1番だ

 

ということに焦点を置いているのだ。

 

 

3月の結果なんて はっきり言って どうでもいい。

31日にトレードをしなければ プラス収支で終われたことは明白だった。

 

 

「そこで やるか・やらないか が重要なんだよ。だから君は負けたんだよ。」

という声が聞こえてきそうだが

 

それはごもっとも。反論する気は一切ない。

 

 

 

でもいいのだ。( ˘ω˘ )

(↑別にスネてるわけではないw)

 

 

私は  トレーダーとして若いうちに

色んなことを失敗したいと思う。

 

その失敗は必ず糧となり、必ず今後の肥やしになる。

 

今この時点で、淡々と勝ててしまっては 将来

中身の薄いトレーダーになってしまうような気が漠然としている。

 

壁が厚く高いほど それを越えたときに実力がついているような気がしてならない。

 

 

だから、今こそ、経験しておきたいのだ。

 

 

かといって、本当の初心者の時のようにバカみたいなロットで

トレードしているわけではない。

 

 

口座資金も「お勉強代」として入れた最低限の額だけで

それが仮に全て無くなっても 得るもののほうが大きいと納得できている。

 

だから、リスクは既に限定している。

 

そして、31日も決して今までのような 無茶苦茶トレードをしたり

慢心したり、我を失ったわけではない と思っている。

 

 

自分のスタイルに+αして

自分が「ここだ!」と思ったところを

モノにするという点を中心にトレードしていた。

(これはデモでは味わえない真剣さがあった。

きっとロットを上げたら更にその効果があるのだろう。)

 

 

その結果が、ジリ負け だっただけのことだ。

 

でも、実戦の肌感覚として 全く歯が立たなかったという感じはしていない。

 

ぶっちゃけ「惜しいな」という感じだ。

 

 

だがその ちょっとの差

 

チャンスをモノにして 飛躍していく人間と

現状維持 あるいは 脱落者 との 大きな差では ないだろうかと

そこはかとなく感じている。

 

 

でも いずれ必ずここを越えなければいけないだろう。

 

何事もそうであろうが、成功したいならば

どこかで「勝負」しなければならない時期が必ず来ると思う。

それは、自分自身を越える=成長ということでもある。

その勝負の仕方、勝負の内容はこの記事で間に合うものではないので割愛。

 

 

今 私が確実に言えることは

 

FXを絶対にやめないということ

成功するまで絶対に諦めないということ

 

これだけは 既に決まっていることだ。

 

 

何度、挫折を味わおうが すぐに立ち直って 懲りずに また挑戦する。

その繰り返しの間に 実力をつけていけばいいのだ。

 

 

 

今の私に圧倒的に足りないものは何か?

 

 

それは

 

 _人人人人_
 >  経験 <
  ̄Y^Y^Y^Y ̄

 

 

 

その 一言に尽きる。

 

 

 

 

だから こんなことで いちいち 悩まず

次々と先に進んで行こう!

 

 

 

まあ、正直、

私は感情の起伏は激しいタイプなので

負けで終わった直後はぶっちゃけ

ちょっと「悔しいな」って思ったけど(ノ≧ڡ≦)

 

でもそれは 変に期待するから 悔しいわけで

こんなの織り込み済みでいたはずだろ?と思えば

 

すぐに冷静になれた。(←成長)

 

1年前なら、思い通りにならないからって 確実に泣いていた場面だ

 

 

 

FXをやると 本当に自分の色んなところが分かるので

めちゃめちゃ楽しい!!

全っ然 勝ててないけど、私はFXが好き!

 

 

こんなことを言うと ドSの相場様に

 

「お前は まだ私の本当の怖さを知らないな!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン」

 

と ドギツイお仕置きの鉄拳を喰らいそうなので恐ろしいが

 

 

まあ それでもしつこく こびりついてやろうと

決意を改めて確認できた ひと月だった。

 

 

今月も頑張るぞ!!

 

 

 

以上。

 

「3月のまとめ」

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

 

広告を非表示にする