女戦士DZのFXQUEST

― FX リアル奮闘記 ―

セミナーに行って気付いた私の欠点

f:id:daisy_Lv99:20150306193541j:plain

2015年3月は 自分の中で「セミナー月間」と決めて

計4つのセミナーを受講してきた。

 

今まで興味がなかったわけではないが、自分のレベルが低すぎるので

セミナーを聞いてもチンプンカンプンで有益な時間にならないのなら

行く意味がないな と思って逡巡していた。

 

 

だが最近になってようやく基本的な用語の意味も覚えてきたし

ほんの少しは、積み重ねてきた勉強の成果が実感できてきてるので

試しに という感じで興味のある人のセミナーをピックアップしてみた。

 

 

もちろん、セミナーに行けば勝てるなんてことは微塵も考えていない

 

ただ、PCと向き合って孤独な作業がメインになってしまう個人トレーダーの視点から

一度 少し違う角度で相場を見てみる価値はあるなと思った。

 

 

 

総括から先に述べると、

セミナーに行って得たものは以下の3つだ。

 

(予想以上の)素直さの欠如の認識

 

人に学ぶということのむずかしさを知る

 

便宜的我流を貫いてみようという結論

 

 

 

 

個々のセミナーの内容についての批評をするつもりは毛頭ない。

どなたも 私がこの世に産声をあげた時には

既に社会人としてディーリングをされてきた大先輩だ。

私などに とやかく言われる筋合いはないだろうし

又、どのセミナーにも当該テーマのエッセンスは凝縮されており

一定の充足感を得られたので不満はない。

 

 

 

だが、先に述べたとおり

今回はセミナーの内容うんぬんよりも

もっと根本的なことをクローズアップすることになったことのほうが

私にとって重大であった。

 

 

(気がつくと冗長になるのが私の悪癖なので

1・2・3についてなるべくテンポよく述べる努力をしようと思うw)

 

 

まず、

(予想以上の)素直さの欠如の認識について

これはどういうことか簡単に言うと

 

せっかくの大先輩の相場観などを

 

「えぇ~本当にぃ?( ˘•ω•˘ ).。oஇ うっそだぁ~ԅ( ˘ω˘ԅ)だってさぁry・・・

 

というように心の中でちゃちゃをいれてしまうのだ。

 

 

例えば、1985年にプラザ合意がありました、その時はこうなりました。

のような歴史、過去の事実は もちろん素直に頭に入る。

知らないことがあれば「へえー」とすんなり受け入れる。

 

でも今後のこと、未来のことは、どうしても猜疑的に構えてしまう。

 

他人を比べたことはないので

自分の猜疑心レベルが高いのか否かは知る由がないが

 

「じゃあ お前は何を聞きに来たんだよ!٩(๑`н´๑)۶ 」

 

 と ツッコミたくなるような勢いで、まず疑いや否定から入っているのは確かだ。

 

 

先程、大先輩だと持ち上げておきながら

こんなことを書くなら矛盾を感じられるかもしれないが・・・

長年の経験を積んでおられること自体は尊信している。でも、

だからといって その人の言うことをすぐに信じるには 根拠が足りず

一回きりのセミナー如きではその関係を築くことは無理だと感じる。

 

私がその人の言うこと(相場予想的な)を聞けるとしたら 唯一

その「権威の力」による根拠だけであろう。

 

 

ここからそのまま

人に学ぶということのむずかしさを知る へ繋がるのだが

 

自分の中の素直さの欠如を認識したうえで

改めて「人に教えてもらうこと」は、その学び手側の姿勢・態度が重要だなと痛感した。

 

同じことを同時にABに教えても 個々の能力の差に加え

やはり「吸収してやろう」という姿勢・態度で臨んでるほうが

よりスムーズに成長するのではないかと思う。

 

ジャンルは問わず、

素直な人ほど成長が早い なんていう通念がある。

 

 

確かに、そうだとは思う。

 

なんだろう・・・上手く表現できないが

 

でも FXは 魚をもらうんじゃなくて 釣り方を学ばなきゃいけないわけだから

 

なんでも 人に聞いてしまうことも また違うと思うし

かと言って 人に聞かずに自力で全て分かるとも思っていない。

 

 

守破離」にも通じる話になるが・・・これは長くなりそうなので

今回は割愛。(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

 

 

 

あ゛ー 今 ものすごく葛藤&混乱している

 

実は頭はまだ完璧に整理されていない部分があるままブログを書き出した。

 

(しつこいかも知れないが)

「 ✥ このブログの主意 ✥  」ページで宣言したとおり

このブログはあくまでも自分のために書いている。

だからこそ、今のこの状況をありのままに記録しておく必要があると思った。

 

 

そして 強引な運びだが

便宜的我流を貫いてみようという結論 に至るについて

 

どうやら私は、天邪鬼であることは間違いなさそうだ。

 

これは 単に

「人の相場観を疑うから自分は素直じゃない」というeasyな結論づけではない。

天邪鬼と思う根拠は他に山ほど省略している。

 

そしてまた、自分は人から学ぶのが極端に下手なタイプ

という残念な結果も この度のセミナー受講を契機に改めて鮮明になった。

加えて、簡単なことを わざわざ難しく考えるとっても要領の悪い奴なので

本当に伸びが遅いだろうな と自分でもいつも感じている(涙)

 

 

こうやったら早いのにという 近道を仮に見つけたとしても

その道にすら猜疑の目を向ける・・・

 

うわぁ(゚Å゚;) どんだけ 私は屈折しているのだろう。(自分で引くレベルw)

こうしてまた自ら いばらの道を進んでしまうのだな・・・

 

 

 

と、自虐を挟みつつw 

 

 

これを客観的に分析すると 要は 私は「怖い」のだと思う。

信じることが怖いのだ。なにもかも。

 

本当にどうしようもないほど臆病で小心者のトレーダーなのだ。(タメ息)

 

 

 

 

異端な思考だが でも

 

「だったら いいじゃないか」と とりあえず

今の自分のしたいようにさせてみようという結論を出してみたのだ。

だから、よっぽど興味のあるテーマであることを除いて

きっとまたしばらくは セミナーなどには行かないだろう。

 

 

それで失敗なら 大いに失敗すればいいと思う。

 

まずは我流だろうが邪道だろうがなんでもいいから

思った通りにやってみよう。

 

そうはいっても、1年前よりはマシになってる(はず)んだ。

 

もしかしたら「守破離」の「破」の段階かもしれないんだ。

違ったらまた「守」からやり直せばいいだけだ。

 

 

 

と、だいぶスキップしているが 以上が私がセミナーに行って得たものだ。

 

今の自分が考えてることが 正しいかどうかなんて分からない。

でも、今、この心境と思考をそのまま切り取って

備忘録のように軌跡を作っておきたかった。

 

 

将来、この記事についてAnser song のような記事を書けたらいいなと思う。

 

 

 

 

 

 

最後に、 複数の受講者 対 講師 というセミナー形式とは

全く別次元の話で、個人的に某スーパートレーダーとサシ 

お話しするという超ラッキー☆企画を今月は行うことができたv(*´∀`*)v

ご迷惑をかけてしまうといけないので深掘りはできないが

ご縁を作ってくださった□□さんと、某スーパートレーダーさんには

深く感謝いたします<(_ _)>アリガトウゴザイマス

本件は上記の記事内容には全くそぐわないので誤解なきよう<(_ _)>

 

 

 

 以上。

 

「 セミナーに行って気付いた私の欠点 」

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました<(_ _)>